天然ウルトラマリンの抽出

ここのところのフェルメールブームで、一般の方もラピスラズリから作られる色、「ウルトラマリン」を耳にする機会は多いんじゃないでしょうか。
前回ご紹介したRUBLEVのラズライトに使われている顔料がどのようにして作られたのか判りませんが、天然ウルトラマリンの実力はあんなものでしょうか。
ホルベイン&東京芸大の共同研究のたまもの「本瑠璃」は上質な原石から最新の手法でもって抽出された「ほんまもんの」ウルトラマリンの様ですが、これを見ると鮮やかさには明かな違いがある様です。
(4.2gで50,400円。200個限定販売)(-_-;)
前回の記事でも書きましたが、ラピスラズリをただ砕いただけでは灰色っぽいブルーになるだけだそうで、ウルトラマリンの青を抽出するには手間の掛かる行程を経なければならないという事です。
その手法についてはあまり興味がなかったのですが、ラピスラズリを砕いてみるだけでも多少は面白いかなぁ…って事で、ちょろっと調べました。
そうしたところ、国立情報学研究所のデータベースにウルトラマリンの抽出について日本語で書かれた論文がありまして、内容も具体的に書かれておりこれを元に素人でも実験的にやってみる事は出来るんじゃないかと…
天然ウルトラマリンの抽出
天然ウルトラマリンの抽出2
後で思い出しましたがこの論文については「西洋絵画の画材と技法」の掲示板でも一時話題に上ってたんですね。
さて、やり方が判ってしまったからには…
どうしましょ。
だれかやってみますか?(笑)

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で
LINEで送る
Pocket

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    値段にビックリ(^^;;;
    となれば、もうTORIさんがやるしかないですね(笑)
    グレードにもよるんでしょうが、天然石屋でラピスラズリ買っても小さいのならそれほど高くないような……。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >くろす氏
    ホルベインのは高すぎですね。
    「使うため」ではまずあり得ない、資料用ですハイ。
    実は既に材料を揃えているところですが、費用がかさみますなーこりゃ。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    ブロックスという絵具メーカーにラピスラズリを使った絵具がありますよ!
    ttp://www.tawarayakobo.com/shop/54_180.html
    一度問い合わせしてみては如何でしょうか~?

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >はいさん
    こんにちは。
    「灰」さんとは別のお方でしょうか?
    でしたらはじめまして。
    俵屋工房さんのHPは拝見しており、ブロックスのラピスラズリは存じ上げております。
    モニター上でしか見ていないのですが、正直色味はRUBLEVのものと大差ないのではないかと思います。
    実際使う場合には色味以外にも練り具合、使い勝手が重要ですので比較するとブロックスの方が良いのかも知れませんが。
    他にはクレマー社のウルトラマリン顔料を知ってますが(こちらもモニターで見るのみ)、比較すると非常に鮮やかで、まるで別物です。値段も別物です。。
    まあ一度ラピスラズリを砕いた顔料と、抽出作業を経たものの比較でもやってみると致します。

コメントを残す

ツールバーへスキップ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss