「号」あるいは「号数」についての考察

諸外国の事情は知りませんが、日本に於いて油彩作品の価格は概ね「号数」によって決められる様です。
作家毎に設定された「評価額」というものがあり、それはつまり1号あたりの販売価格で、仮に「号5万」という評価額の作家が10号の作品を描いたならば、50万円で販売されるという事になります。
号数が販売価格の算出に直結し、また作家が頂く画料も号数で決まるという事です。
では「号」とは一体何なんでしょうか。
一般的には大きさの基準と考えられている様ですが、「基準」となり得るシロモノではありません。

▼キャンバスサイズ一覧(クリックで拡大表示下さい)
 数値はマルオカHPを参考。
(5号や130号はマルオカ独自規格でしょうか。画材屋で見たことありません。)
注目は次の表から。
▼号数毎の面積
通常、作品の価格については各号F、P、Mとも変わりなく、なぜかSについてのみ「面積が広いから」との認識からか、若干高めに設定されます。
しかしながら面積を比べると、紫色で示した8、10、100号ではFとSの比率よりFとMとの比率の方が開きがあります。
またオレンジ色で示したものは、号数で面積が逆転するものです。
つまりM2号よりもF1号の方が広く、M8号よりF6号の方が広いのです。
しかしながら、F、P、Mは同価格という慣例から、M8がF8より安くなる事も無ければM8がF6より安く設定される事もありません。
キャンバスの規格がよくわからない数値な為、価格の決め方もいい加減に成らざるを得ない様です。
仮に面積で価格を決めるとなると、各号、またS、F、P、M間に相関性はないので全てに各々設定しなければなりません。
そうした場合でも、変形作品に値段を付けるには結局別の基準を設けなければ対応できません。
▼F1号を1とした場合の面積比
F2号はF1号の倍ではなく、P4号でようやく倍程度の面積です。
F100号はF1号のおよそ60倍の面積になります。
号は面積の単位にはなり得ない事が判ります。
上記の様に、価格や画料を決定するのに「基準」とされる「号」自体、実はよくわからんものである事が判りました。
規格外の変形キャンバスに描いた場合、たちまち価格や画料の設定に困る事になります。
実はキャンバスサイズの規格には国際規格なるものが存在しており、そちらは号数毎の面積比などキッチリ比例しており、号数が異なると縦横比が異なるなんて事もありません。
しかし国際規格の木枠など見たことがありませんし、誰かが使ってる話も聞いたことがありません。
便利そうな規格でも、現行の「号」から外れる規格になる為、作品価格の設定に困るでしょう。
また公募展でも現行の号を基準に規定のサイズが決められる為、国際規格などでは規定に収まらない可能性もあります。
既成額縁も国際サイズのものなどありはしませんから、難儀する事になります。
誰も使わなければ店にも置かないし、また木枠の値段も高いままなので、悪循環で普及しないんでしょう。
面白そうなのでわたくし自らが積極的に使ってみますか。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

ツールバーへスキップ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss