油彩画技術修復研究所

ブログの更新も長らくご無沙汰しておりましたが、この夏、制作はお休みして一ヶ月ちょっとの間、東京は飯田達夫さんの「油彩画技術修復研究所」なるところに武者修行に行って参りました。
ピンと来る方もおられるやも知れませんが、飯田達夫と云えばかの「油彩画の技術」の著者であるグザビエ・ド・ラングレに師事し、また雑誌「アトリエ」には6年間に渡って技法やら何やらについての記事を連載されたという(是非まとめて出版すべき!)経歴をお持ちのなんだかすごいお方であります。
…とか言いつつ、良く知らずに「修復やってる人」くらいの感覚で紹介頂いたわけですけども、作品観て頂いた際には歯に衣着せぬ物言いで、中途半端なものを”イイね”などとは絶対言わないし訊けば必ず返事が帰ってくる「あてになる」方であろうと、先入観もなく判断できたので、門を叩いたのでありました。
私の力量とひと月という限られた時間では学べ得なかった事も多く、今もまだ惜しい思いがしてなりませんが、逆に得られた知識と経験はとんでもなく濃厚であり筆舌に尽くしがたいものがありまして。
まあとにかく、今年の夏は暑い夏でした。(謎)
幸福感と無念さと脱力感が入り交じる中、資料の整理に復習に、やる事はたんまり。
まだ鉄は熱い。▲フランスのamazonマーケットプレイスに出品されていた貴重本を保護。
鬼検索で連日資料やら画材やらを探しまわっております。▲こういう作図を絵の勉強と言うと怒り出す人もいるとかいないとか。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で
LINEで送る
Pocket

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お疲れ様でした。
    貴重な情報を早速色々お教えいただいて有難うございました。
    目からウロコ、くちアングリの連続でした。
    こんなにすごい話が聞けるのなら私も行けば良かったですが
    最後の機会だったとは残念。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >古吉さん
    そうそう私なんかアングリの模写しながら目からロココでしたよ(謎)
    まあしかし、単なる受け売りだと弱いので裏付けできる資料なりを入手するのがこれから大変です…。

コメントを残す

ツールバーへスキップ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss