仙台個展

トップページ(左上の「HOME」をクリック)の画像更新と、12月に仙台で個展を予定しておりますので、その案内をしております。
更新されない方はCtrl+F5キーでリロードしてくださいまし。
もう滅多に更新作業なんかしていないし、画像も新旧バラバラにUPしてたりするので度々以前載せてた画像をまた載せちゃってる事もあるかもしれませんがご了承をば。
ともあれ今回はダイヤカット缶みたいなPCCPシェル構造のZinnKrug(しろめ水差し)がなかなかの魅力を発する画であります。
このような凹凸をつけたものは単なる円筒よりも強度的に勝るんですね。
まあこれは意匠的な意味で作られたものだろうと思いますが。
横のボトルや八角形の皿もドイツ製。
こういう無粋でイカしたデザインのものは、やはりドイツですな。
関係ないけど、先日ドイツの画材店に色々と発注。納金したものの、何の連絡もないので「発送の連絡がないので予定教えて」と担当者にメールしたところ、「私もう辞めちゃったの」との返事。
ドイツクオリティ恐るべし。。
その後サポートに二度連絡して、やっと発送の連絡を頂けましたとさ。


個展は正光画廊仙台三丁目の店にて12月1日~20日まで。
12月4,5日の二日間は在廊の予定です。
仙台寒そうですが、がんばって行きます。
お近くの方は是非お越し下さい。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で

5件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    この立体感、すごいですね。
    本当は写真じゃないんですか?
    知らない人が見たら、絶対写真と思う。
    本当にすごいです!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >makkuさん
    写真じゃできない事やらないと、意味無いんですよね。
    その「しかけ」は必ずしも鑑賞者に読み解かれる必要は無いんですけど。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    そのドイツの画材店を教えて下さい。わざわざそこからお買いになるようなお店には、色々面白いものがあるでしょう。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >通りすがりさん
    Gerstaeckerという店です。
    たしかに面白い品は多くあります。
    >karu氏
    なるほど~
    タンは私の腹にとってどうなんだろう…(味よりもそっちが気になる)

コメントを残す

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss