キャンバスのくっつき防止と裏面保護

ニス掛けの為に里帰りしている作品ですが、ニスの他にいくつかの処理を施しました。
近所で材料が揃わなかったりなどもして、お客様には大変長らくお待たせして申し訳ありません。
さて、ニス掛けはまあ普通にアクリルニスを塗布したという事で。
ツヤ引けによる色あせを回復する効果、画面全体の質感を統一させる効果、ガスを遮断する効果、ホコリや虫のフンやカビによる画面への直接被害を防ぐ効果…などなどの為に、絶対的に必要な処置です。
次にキャンバス周囲に水張りテープを貼り、前面にも5mmほどかかる様に折り込みます。
飯田達夫さんから教わった処方です。これで額縁と画面がくっつくのを防ぎ、描画層の剥離を防止します。
くっつき防止処理した額縁がなぜ出回らないのか不思議でなりませんが、額装したら一生そのままってのが常識化してるからくっついても問題ないという事ですかね。
最後に裏面のほこりよけ。
こちらは直接教わりませんでしたが「アトリエ」誌にあった飯田先生の処方。
国産の額縁にはアクリル板や裏蓋がありますが、海外では両者とも無い場合が多いです。
私は通気の為にもそれらは不要だと思ってます(環境によりますが)ので、お客さんにも裏蓋を外す事を薦めています。
裏蓋を外して裏面にホコリがたまってしまうとカビや虫の温床となるので、保護膜としての紙を張ります。
通気の為に紙には穴を空けます。
裏面にはホコリの付着しにくい布なども良いかも知れません。布なら通気性は確保できますし。
また裏面の状態を観察できるように、通気性のある透明なフィルムなどあれば良いなと思います。
はっきり言ってここまでやるのは手間だし、「修復家の仕事じゃないのか」とも思いますが、まあこういう仕事の結果が返ってくればそれも貴重な情報になりますので。
経過などお知らせ頂けると有難いですね。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    今まで大変な努力をされてここまでの表現に達したという事がひしひしと伝わってきます。途中様々な苦労があったかと思いますが、今後益々頑張っていただきたいと願っています。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >自称画家さん
    どうも恐縮です。
    努力も苦労も、比較にならないほど経験されてる方々は数多く、私のは「それなり」だろうと思います。
    ムリせずに精進できればと思います。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    古画はよく紙を貼ってますが、ホコリ防止の目的なのか通気穴まで開けてるのは見ないけど、これは必要ですねえ。
    ガラスと裏蓋で密閉してしまうのはまずいのに、これは今後も日本では変わりそうに
    ないですな。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >古吉さん
    通気穴ナシのは、「紙は呼吸するからいい」って考えかも知れませんね。
    もしくは裏紙張るのは修復家の仕事で、彼らが扱うような乾燥しきった油彩画の場合には、重合の為の酸素供給としての通気を考える必要はないという事だったんでしょうか。
    いずれにしてもまだ描いて数年程度までは積極的な酸素供給が必要だと思います。
    しかし修復家によってもガラス/裏蓋の要不要は意見が異なるんですよねえ。

コメントを残す

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss