着色

ルツーセをかけて着色に入ります。
仕上げられる部分は一気に仕上げるつもりで描いてゆきますが、色によっては一発じゃ描けないよってものもあるのでそういう部分は焦らずできるところまで。

ルツーセはダマール(ダンマル)樹脂をテレピンに溶かしたものを使用。
ダマールは乾いたあともテレピンやペトロールなどに簡単に溶けます。
つまり絵具層の間に溶けやすい軟弱な層がサンドイッチされる事になり、よろしくありません。(特に厚塗りは絶対に避けるべきです)
そこで層の強度を高める目的で、リンシードを加えています。
こうすることで早すぎるルツーセの乾燥を抑えるリターダー効果も得られます。(青木先生処方)
個人的な使用感では、市販の合成樹脂ルツーセは半分に薄めても非常に濃く、厚い層を形成してしまうので、あまりよろしくありません。
まあ一般的にはこちらの方が使われている率は高いので描き方にもよるんでしょうけど、私には向いていません。
テーブルの線がちょっと下がってしまったのでもうすこし上げてやるか、コインか何かを手前に置いてやろうと思います。
背景にもあるものを入れるかどうか、ちょっと迷っているところ。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

ツールバーへスキップ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss