<結果> 新生堂リアリズム賞展 と ホキ美術館大賞展

新生堂リアリズム賞展は残念ながら賞金は取り逃し、シード賞という「来年無審査で入選の権利」を頂いて参りました。
青木敏郎、大矢英雄両先生による講評は一人ひとりしっかりと時間をとって(「前年より長い」との話)充実しておりました。
賞の発表後はもっとゆっくり諸作家陣と交流を深めたかったのですが知ってる人と話してるうちに解散となり、皆散り散りにどこかへ行ってしまいました。
もちろん(?)我々は青木先生にくっついて食事などごちそうになるわけですが、絶賛大躍進中の古吉弘さん、滞在中宿を提供頂いた疋田正章氏、なんだかよくわからんけど繋がりのある内田博氏と共に恵比寿のガーデンなんとかで食事しながら「金が入ると税金が大変だぞおい」という話などして参りましたとさ。
ちなみに昼食は古吉さんにごちそうになりました(-人-)ありがとうございまっす
一方、ホキ美術館大賞展の審査も東京滞在中に行われており、帰りに寄った岡山の親戚宅で祖母の部屋に取り付ける内窓を制作している間に福岡の自宅へ合否通知も届いていました。
結果は二次審査通過。つまり入選という事ですありがとうございます。
賞の発表はまだですが、11月11日から来年5月中旬までの展示となります。
詳細は追ってお知らせ致します。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

ツールバーへスキップ
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss