キャンバスの縦横比

以前から気になっていたキャンバスの縦横比について調べてみた。
下の表は、日本における現行のキャンバス(木枠)サイズ
(0,1,2,3号のP,M数値が抜けてますが悪しからず)
キャンバスサイズの規格はフランスで生まれたらしいが、日本では端数を四捨五入して尺寸に置き換えられ、その後メートル法導入にあたり更に端数が四捨五入された。よって中途半端な数値となっている。
上記の事から国内外ではキャンバスのサイズが若干異なる。
異なるといっても、10号以下の場合その差はミリ単位。
そんな事は国内で製作を続ける限り、なんら問題はない。
むしろ問題は号数によって全く違う縦横比だろう。
F,P,Mの三つの規格による縦横比の違いではない。同じFならFでも号数によって縦横比が全く違うのである。
下の表は、キャンバス(木枠)の短辺を1とした場合の長辺の割合を記したものである。
見事にバラバラ。
更にこの比率を元に、短辺を同じ長さとした四角い図形(F0~F20まで)を描いてみた。ちょっと見づらいが、縦横比の巾がこれほど広いものだという事は直感的に分かるだろう。SMサイズは独自の規格なのでまあどうでもいい(?)が、F10とF1,F4の縦横比などとても同じ規格とは思えない。これを見るとF,P,Mの規格の存在意義自体が意味不明である。
キャンバスのサイズというのは黄金比を元に決められているというのが定説だが、こうも違うと黄金比もへったくれも無いように思える。
ちなみに黄金比というのは1.618で、キャンバスではMがこれにあたるという事になっている。
…が、上の表を見てもそんな数値はどこにも出ていない。
縦横比がこうも違うと制作する上でかなりやっかいものだ。
あらかじめ何号に描くかハッキリ決めておかないと、たとえばF3号とF4号では構図の取り方が全く違ってくるではないか。
大きい絵を描く場合には、練習台も兼ねて下書きとして小さめのキャンバスに制作しておいて、それを拡大制作する事もある。その場合も面倒な事になる。

クレサンキャンバス

ものは試しでクレサンのキャンバス、細目の#12と極細目の#13を切り売りで買ってみた。30cm幅×210cmでそれぞれ4,305円と5,224円。
クレサンと言うと何となしに高級なイメージがあるが、某軽込氏によると機械塗りらしい。画材店のパンフレットには「(機械/手塗り)」との表記だった。型番によっては手塗りなのだろうか。ちなみにベルジュ製キャンバスは「(手塗り)」とある。

[上が#12下が#13 右下は20mlのチューブ]
[部分拡大]

「クレサンキャンバスは白い」と、どこかで読んだが、やけに薄い地塗りで生地が透けてみえるのでさほど白くはなく、言うなれば若干の灰色。独特のにおいがする。
地塗りに使われる顔料は以前はシルバーホワイトを使っていたみたいだが、今はジンクホワイトとチタニウムホワイトになってしまっている。
目は細かいが、表面はかなりデコボコしている。絵の具の食いつきをよくする為なのか。
クレサンジャパンによると「特殊配合グルー」を二層、地塗りを二層施してあるらしいが、光にかざすと裏面まで貫通している穴ぽこが多数ある。この穴ぽこが結構クセモノで、描いている間も悩まされる。
とりあえず#12の方に描いてみているが、絵の具の乾燥が遅い。
オイルキャンバスで吸収性がないからか、最初にイエローオーカーで薄く着色した層が乾くのに3日かかった。
もしかすると、この時油壺に若干ルツーセが残っていてそれにテレピン+リンシードを入れてしまったのかも知れない…とも考えるが…。ルツーセにリンシードを混ぜるととんでもなくネバネバして乾かない油になる事は以前書いた。
最初からつまづいたが、2層目の乾きも異様に遅く、その後の層は艶引けに悩まされている。 これもキャンバスのせいかどうかはわからない。

キャンバス選び

前回の作品(未完成だが…)からもう一月以上経ってしまった。
元来の遅筆に加えて昼間の暑さが更に制作を遅らせている。
はたしてF3号(日本では273x220mm)に一月以上かけている画家がどれだけいるだろうか。…とゆーかそんなに遅いヤツは絵描きで食って行けてないだろう。
幸か不幸か、裕福ではないが食うのには困っていないので実にのんびりとした日々を過ごしてしまっている。

市販の安物キャンバスの裏側にジェッソを塗った地はツルツルすぎてどうも描きにくいため、いよいよまともな(?)キャンバスが欲しいところ。
先日、神奈川に本社を置く「アダムスジャパン」という画材の激安店からセールのパンフレットを貰った。どれも相当に安い…が、ロールキャンバスは半額でも5,6万はざらである。
以前上京した時にアダムスの東京ショールームでフランス・ベルジュ社のキャンバスの切れ端をサンプルで貰ってきた。
B1とG1という中細目のものだがB1は表面の平滑具合がよろしい。
買うならこれだな…と思っていたが、このロールキャンバス、激安のセール価格でも56,700円。(定価だと126,000円)
サイズを計算してみると、210cmx10mなのでF3が240枚ほど取れてしまう。こんなの買ったらまさに一生モノだ。
切り売りはできないか聞いてみたら、ベルジュとフナオカのキャンバスだけは切り売り不可能と言われた。
ベルギーはクレサン社のキャンバスは切り売り可能との事なので、試しに超高級なフラット仕上げの極細目を1mほど買ってみようかとも思案中。
しかしクレサンのキャンバスはサンプルを貰ってなかった。
そしてこのキャンバス、ロールで買うと一巻12万円もする。定価だと218,190円…。一巻10mなので、単純計算でも1mあたり12,000円となる。ちょっとキケンな買い物だ。
キャンバスの目は「荒目」「中目」「細目」など呼び方はいろいろだが、メーカーによっても違うだろうし、見てみないと分からない。描き具合や発色はもちろん描いてみないと分からない。
できれば一揃いサンプルが欲しいところだが、そんな太っ腹な画材店は近所にはなさそうだ。そもそもクレサンやベルジュなど扱ってる画材店が、ない。
都会には住みたくはないが、画材をそろえるのにはやはり都会が便利そうだ。

キャンバス用釘 【タックス】

いつも思うが、タックスはなんでこんな不均質な形をしているのだろうか。一見いい加減な製造をしてある様に見える。先端こそ非常に尖っているが、トンカチでつぶしたような「軸」だし頭は楕円形をしていて「バリ」も付いてる。
「タックス」と言えば揃ってこの様ないい加減な形なのでそれなりの理由があるのだろう。

実際使い勝手はどうなのかというと、「普通の釘」よりもタックスの方が打ちやすい。
先端が非常に尖っているため、素手で押し込むとすんなりキャンバスを貫通して木枠に刺さってくれる。また胴体も短いため、タックス本体が倒れにくい。
書きながら考えてみたがたしかに「軸」の断面は、まん丸より潰れていた方が倒れにくそうだ。
通常、釘を木に打ち込む時は片手で釘を支えておく事ができる。しかしキャンバス張りの場合は片手でかなづちを、もう片手には張り機を持たねばならないので、釘を支える手が足りない。
どうするかというと、あらかじめキャンバスの上からタックスをある程度素手で差し込んでおいて、あとは支え無しでかなづちで打ち込む。
この事から通常の木工用の釘よりも、より倒れにくい設計でないとキャンバス張りはむずかしい。
よく見ると「軸」の付け根、頭の皿の裏側に出っ張りがついている。これもキャンバスのズレを防ぐ為の工夫だろう。という事は、キャンバスを張る方向に対してこの出っ張りが直角になる様に打ち込むのが正しい使い方だったのか。はじめて気づいた。

これで頭がまん丸ではなく楕円形をしている理由もわかった。頭がまん丸だと、裏側についているこの「出っ張り」の向きがわからない。

油彩用パレットに適さない石の例…

石材屋から「あられ」ではないか…と言われた私の大理石パレットだが、石の種類が何であるにせよ、油彩用のパレットには不向きらしい。
下の画像を参照して頂くと一発でお分かり頂けると思うが、要するに油が染みてしまうのだ。
絵の具を置いて数時間で滲みているのが確認でき、時間が経つにつれてジワジワと滲みが広がっていく。
チューブ絵の具に含まれる油がお気に召さない方は、油が抜けていいや…と思うかも知れないが、油ぬきにしては時間がかかる。油が抜けると云うことは絵の具の乾燥が早くなってしまい、私みたいな遅筆者にはキツイ。

3日も経つと裏まで滲みてるではないか。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss