船橋東武絵画市 終了

久しぶりの関東遠征。色々と寄り道をしましたので投稿が遅くなりましたが、このたびの千葉 船橋における展示イベントにはたくさんの方にご来場頂きました。
どうもありがとうございました。

今回、我々ふたりの会場ブースにおいては両者とも毎日現場制作を行いました。
進行度合いを毎日ネット投稿するくらいの気の利かせ方が必要なんでしょうが、毎度まいど写真撮るのを忘れるというポンコツぶりですみません。

スペースの都合により通路に背を向ける格好となりましたので、知らないうちに誰かが息を潜めて覗き込んでるという事が結構多かったようです。
どうもほとんどの方が喋りかけてはいけないと感じる様でしたが、むしろ黙って後ろに立たれる方が不気味というものです。まあ位置が悪かったですね。

以下、嶋根さんの現場制作環境とりりしいお姿の図。(私の道具類についてはまた後日公開します)

銅板を分てくれと頼まれましたのでフラマン処理したものをお渡ししたところ意外と描き良いとの事で、銅板仲間が増えるかも。

モチーフを設置して描く私の場合、やはりあちこちから来るスポットライトの反射光が問題になりました。
周囲を大きめの箱で覆ってしまうなどの対策をすれば良いと思われるので、今後の為に記憶にとどめておきます。

今回のために制作した三脚用アタッチメントや高演色LED照明などについてはまた後日詳細に当ブログで紹介致します。

そして結局7日間では完成しなかった作品も、また続きを描いてインスタグラムやFacebook等にて公開しますのでどうぞおたのしみに。

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss