[Medici] フレスコ画を体験してみよう + ゲーム「フレスコ」

ボードゲーム フレスコcrop

Medici動画、前シリーズのフレスコ画概説につづき実演編となるシリーズを公開しています。

お手軽にフレスコ画が体験できるセット。こちらを紹介しながら、カメラの前で松川さんに実演頂いています。
ちゃんとした絵を描く下準備をしておけばよかったとはご本人の談でまあたしかにですが(笑)、それはまた次の機会に。

上記製品は支持体としっくいの粉がセットになったもので、顔料、筆、捏ねるための容器や混ぜ棒、左官鏝などを別途用意する必要がありますが、顔料は下記辺りで、その他の道具は100円ショップで手に入りそうです。

松川さんによると支持体に断熱材として使われるポリスチレンフォームを採用したのが秀逸であるとのコメント。

 

基本的にフレスコ画は絵具に接着剤を含まず、地となる漆喰自体が乾燥過程で顔料を定着させる働きを利用するものです。そのため漆喰の乾ききらぬうちに描き進める必要がありますが、乾き具合で相当に描き心地が異なり、また発色も違う様子がうかがえます。

 

フレスコ画の地である漆喰は強いアルカリ性ですから実は使用できる顔料に制約があり、耐アルカリ性の顔料でなければ見事に退色・変色してしまいます。
ここでは鉛白や亜鉛華、インディゴ、プルシャン、天然ウルトラマリンなどを塗布し、経時変化の検証を行っています。

 

 

そして最後にオマケ動画。
フレスコを題材にしたボードゲーム、その名も「フレスコ」の紹介です。
私は未プレイですがなかなか戦略に頭を使いそう。

 

「フレスコ」もいいのですが動画冒頭で松川さんが紹介されたマンガ「放課後さいころ倶楽部」が妙にハマりそうな予感がしています。
残念ながら「フレスコ」は登場していない様ですが。

もう長らくボードゲームに触れる機会を持ちませんが、思い返せば世代なのか、中学生の頃などはクラスメイトの間で自作のゲームを開発・プレイする事が流行りました。
今みたいにスマホはありませんし、学校にゲームを持ち込むことはできませんから紙と鉛筆で自作するんです。
私が作っていたのは紙に描いたマップと敵モンスターのイラストを描いた紙切れなどを用意した「紙版ドラクエ」で、プレイヤーはマップの裏から磁石で主人公に見立てたエレキバンの磁石を移動させ、敵影に触れると戦闘用紙に切り替え、数字を書いた鉛筆を転がしてダメージ判定などをする仕組みだったと思います。

ライトノベル「フォーチュン・クエスト」を読んだのは高校に入ってからだったか、小説の中のキャラクターたちがTRPG(テーブルトーク・ロールプレイングゲーム)をプレイするというエピソードにどハマりし、私もルールブックやメタルフィギュアなどのアイテムを求め彷徨うことになりました。TRPGはボードゲームとは違いますけど。

フォーチュンクエスト3▲借りパク状態のフォーチュン・クエスト(見てたら連絡ください)

 

残念ながら現実にはプレイする相手を探すのも大変だしお話のようにはうまくは行かないもので、集めたグッズはなかなか日の目を見ずに今も大事に保管されています。

TRPG▲久しぶりに引っ張り出したルールブックとフィギュアとダイス

 

最近は6歳と7歳の姪っ子たちとスーパーファミコンやwiiなどのテレビゲームをする事に楽しみを見出していますが、簡単なボードゲームを探してやってみるのもいいかも知れませんね。…そしていずれTRPG…

 

…と、今回はゲームの話フレスコ実演動画紹介+αでした。

 

 

画家と鑑賞のための照明についての考察 <6> とうとうLEDに手を出す

LED_Goodgoods

高演色LEDと言えどその演色性はいまだ高演色蛍光管に及ばず、にもかかわらず蛍光灯照明を全滅させLED化しようという圧力たるや、Ra99の高演色照明環境を整える環境は年々悪化の一途。
ほんとにもう瀬戸際で、三菱、東芝、日立は既に高演色蛍光管から手を引いてしまい市場に出回る在庫のみ。残るはパナソニックだけという状況。

東芝高演色蛍光管生産完了
その高演色蛍光管を唯一最後まで生産している一流メーカーですら「蛍光灯よりLEDの方が色がよく見える」みたいな自社製品を貶める分裂症気味の宣伝でLED製品を推している事には驚きます。
そういうの、良くないとおもう。

panaのひどいLED推し方▲上記はわざわざ演色性の低い「白色蛍光灯」と比較しているが同社はRa99の蛍光管を生産している。また一般家庭で普及している同社製三波長蛍光管の演色評価数は84であり、上記「LEDデスクスタンド」に勝る。

 

しかしながら我々絵描きの製作用途や絵画鑑賞用途としてLED照明に利用価値が全く無いと主張するわけではありません。
かくいう私自身、少し前に行った船橋東武百貨店での制作実演にあたってはイーゼルやモチーフを照らす為の照明としてLED照明を導入しました。
コンパクトである程度の演色性を持ち、かつ白熱球よりも色温度が高く入手性の良い照明となるとLEDを当たるより無いであろうというあたりに落ち着き、常用ではありませんが当方もついにLEDに手を出しましたので、それらの紹介とレビューをして参ります。続きを読む →

銅板支持体の下処理&地塗り ~実践編~

複数の資料で見る銅板支持体への下処理・地塗りの処方は、亜鉛やしろめ、銀などでコーティングした特殊なものから、ニンニク汁を塗って鉛白で地塗りする…或いは乾性油やニスの類で下処理をするという比較的難易度が低いものまで様々です。

しかしながら概ね 《キズ入れ》 → 《ニンニク汁塗布》 → 《地塗りorニス》 というのが現代作家と研究者の間では一般的に受け入れられている処方ではないかと思われます。

今回は当方が今までに実践した具体的な処方をご紹介しながらレポートして参ります。

ちなみに「ニンニク汁を塗る」に関しては、一度試した際にうまくいかず、以降試していませんが検証が必要だと思っています。続きを読む →

使用画材のページとリンクページを追加

supliespage

上部メニューの「プロフィール」以下に使用画材を紹介するページを追加しました。
「プロフィール」の部分にマウスカーソルを合わせるとその下に「使用画材」と出てきますのでそちらをクリック。

今のところテキストのみですが、わかりやすいように画像も載せていきたいと思ってます。

次いでリンクページは上部メニューの一番右端に。
私がよく利用する定番情報サイトや絵具メーカーへのリンクを解説付きで掲載しています。

今後も順次追加・整理していきます。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss