マスキングテープ

画材店のほか、ホームセンターでも手に入る白くて安いマスキングテープは経年によって、また貼ってしばらく放置してるうちにベトベトになってしまい、これには私も悩まされました。

マスキングテープの粘着剤にはゴム系アクリル系がありまして、ゴム系のものは長期保存や高温・紫外線に弱く、のり成分が対象物に残ってしまったりもするようでこれがベトベトになるマスキングテープ。
対して「糊残りの少ない」を謳う製品はアクリル系が多く、建築向けや車両塗装向けの製品によく見られ、水色、紫、緑など色が付いたものばかりです。
その事に気づいてからは「とりあえず色ついたの買っとけ。」といった感じでおりましたが、色紙でもゴム系粘着剤のものも存在するので、ちゃんと調べてから買いましょう。

ちなみに業務用マスキングテープは複数巻が筒状に包装されたセット販売が主で、テープ幅に応じて入数が異なります。※数年前まで紙包装でしたが、最近は透明のポリプロピレンやポリエチレン包装になっています。
だいたい同じ背丈になる個数で包装されてますので、12mm幅のものは10巻セット、50mm幅のものは2巻セットといった感じで、幅の狭いものは個人で買うには多すぎる傾向にあります。
ただアクリル系のマスキングテープは数年間保管しておく程度ではゴム系のようにグニャグニャにはなりませんので、地道に消費するなりお友達とシェアするなりしてください。

▼左:6年前購入のNitto No.720A(アクリル系) 右:2年前購入のニチバン No.251(ゴム系)

 

というわけで、各メーカーの特長をまとめたのち、「糊残りやべとつきが無い」マスキングテープを粘着力の弱い順にランキングして参ります。
貼り剥がしを繰り返す梱包、対象物を痛めたくないテープ止めから油彩画表面や機材のホコリ取りまで、自己責任で活用してください。

なお、新たに調査済み・入手済みのマスキングテープもありますので暇を見て更新して参ります。

─ 各メーカーの特長(所感)─


ニチバン

アクリル系の弱粘着タイプのマスキングテープが多く見られるメーカー。
ここに掲載する製品のテープ表面は概ね平滑で少し光沢があり、微妙にパリっとした紙質。鉛筆はかろうじて書ける程度で水性ペンも少しはじくが書けなくはないといった感じ。
「無溶剤」ではあるけどもNo.222、No.227はちょっと独特な匂いがします。対して品番4桁台の2311、2312は同系の匂いですがさほど強くはなく、これは出荷時期などが関係するのかも知れません。

Nitto
ニトムズ

Nittoとニトムズ、グループ会社内で異なるパッケージデザインの同じ製品を販売したりと混乱しますが、ニトムズには装飾用マスキングテープのラインナップもあります。
概ねテープ表面はニチバンより少しマットかなという感じではありますが、鉛筆のノリはニチバン同様。弱粘着のアクリル系ラインナップは少なめの様です。

カモ井

業務用もさることながら、装飾向けのPOPなマスキングテープも積極的に展開しているメーカー。業務用としてはなんと言っても超弱粘着の「ミント」。また一般向けに展開するmtシリーズのマットブラックなどはマニア御用達と言えるでしょう。
製品シリーズによって紙質などは異なるので、下記のランキングにて個別に表記します。

3M Scotch

3Mもグループ会社間でパッケージの異なる同じ型番製品などがあるようで、さらには3Mのサイトに掲載されたScotchブランドの製品がScotchのサイトで検索できないなど調べるのが大変です。
紙質は最も光沢がありパリっとした感じ。鉛筆は全く乗りません。

 

─ マスキングテープ 弱粘着ランキング ─


説明文の右側にはスケッチブックに貼り付けた現物画像を掲載しています。クリックで拡大しますので確認下さい。透け感を確認するため黒いラインの上にマスキングテープを貼り、その上に2B鉛筆、水性ペン、油性ペンでのノリ具合をチェック。加えて油性ペンが薄すぎたので同じく油性のマッキーも試しています。説明下部には商品へのリンクを掲載していますが、業務用はテープ幅のラインナップが豊富なのでリンク先ではそれら入り混じっています。注意してご覧ください。

カモ井 ミラクルミント

※上記リンク先はPDFファイルです

とにかく粘着力の弱い、超弱粘着マスキングテープですが、実際にちょっと使ってみた感じでは「ミント」と区別がつかない。
とは言っても完全にツルツルな対象にはそれなりの粘着力を示します。
紙質はしなやかで表面はややマット。鉛筆はまあ、読める程度に書けるし水性ペンもはじかないので、すぐに剥がれてしまうポストイットの代わりにも使える。(色が濃いので書いた文字が読みにくいのが難)
手でちぎる際、他社製と比べてまっすぐ切れません。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:0.60N/10mm
サイズ:幅 15, 18, 21, 24, 30mm(18m巻)

カモ井 ミント

※上記リンク先はPDFファイルです

超弱粘着マスキングテープ。これの後にミラクルミントが発売されたようです。
メーカーサイトの説明には「貼り置きしても粘着力が上昇しにくいため、被着体に優しい。発泡塩ビクロスに貼っても表面をほとんど傷めずに作業でき、汚染もしにくい。石膏ボード表面の薄紙でも、下地を傷めることがほとんどありません。」とあります。
ラワン合板にキャンバスの四隅を貼り付けてみたところ、数十分の間に剥がれてくるので何度も押さえなおす必要があった。それくらいの弱粘着。
ミラクルミントとテープ本体は全く見た目も変わらないので区別できません。前者同様文字も書けるのでポストイット代わりにも。
手でちぎる際、他社製と比べて最もまっすぐ切れません。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:0.79N/10mm
サイズ:幅 15, 18, 21, 24, 30mm(18m巻)

「3M 建築塗装用マスキングテープ 777」の後継品。
3Mのマスキングというと黄色いテープというイメージが強いですが、こちらの方が弱粘着。
表面はツルツルしていて少しパリッとした紙質。
鉛筆は乗らず水性ペンは弾く。文字を書くなら油性ペンで。

粘着剤:アクリル系
基材:水色平面紙
粘着力:1.0N/10mm
サイズ:幅 6, 9, 12, 15, 18, 20, 21, 24, 30, 40, 50mm(18m巻)

3Mの定番マスキングよりも薄い黄色。数値的には3Mの黄色いマスキングと粘着力はほとんど変わらないが連続して指へのくっつき具合を比べると多少違いが分かる程にこちらが弱い。
表面は3Mほどではないがツヤがありパリっとした感じ。水性ペンは弾く。鉛筆はかろうじて付く程度。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:1.02N/10mm
サイズ:幅 9, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 40, 50mm(18m巻)

ちょっと匂いがキツイ。粘着力についてはミント以外はなかなか違いが分からず、色の好みで選択していい気がします。
紙質は2311に準じ、油性ペン以外で文字を書くのには向かない感じです。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:1.05N/10mm
サイズ:幅 12, 15, 18, 20, 24, 30, 40, 50mm(18m巻)

created by Rinker
¥478 (2020/01/22 00:01:55時点 楽天市場調べ-詳細)

黄色いマスキングテープを見かけたら3M(スリーエム)の製品…と思うほどの定番。
それを真似てか、ノーブランド品でも黄色いマスキングが出ていたりもしますが。
紙質は2899同様、つるつるしていて鉛筆は全く乗らず水性ペンは弾く。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:1.06N/10mm
サイズ:幅 6, 9, 10, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 36, 40, 50, 60mm(18m巻)

カタログ値も紙質も243J Plusと同じ。芯材も全く同じで区別がつきません。

粘着剤:アクリル系
基材:黄色平面紙
粘着力1.06N/10mm
サイズ: 幅 12, 15, 18, 20, 24, 30, 50mm(18m巻)

紙質などNo.2311に準じます。言われてみれば若干こちらの方が粘着力強いかなという気もするけど、ブラインドテストでは区別がつくかどうか怪しい程度の違い。
鉛筆はかろうじて乗る程度。水性ペンはたまたまなのか同社中最も良く書けます。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:1.09N/10mm
サイズ:幅 9, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 40, 50mm(18m巻)

未入手。アクリル系のマスキングテープで白色は珍しい。
同社には「紙粘着テープ H210」なる個別包装のラインナップも存在し、そちらと同じものではないかと思われます。後者は12,18,24mmの3種。
後者の説明には「油性インクで字が書け、重ね貼りができます。」との表記がありますが、特にテープ表面に他のラインナップと違いがあるのか、単に白いテープなので文字書いても目立つと言ってるだけなのか疑問です。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:1.09N/10mm
サイズ:幅 9, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 36, 40, 50mm(18m巻)

No.222同様、少しキツイ匂いがします。粘着力の差は指で確認してもわかりませんが、ビニールなどにくっつけて剥がした際にはNo.222よりも強いかなと感じます。
鉛筆はかろうじて乗る程度。水性マーカーは同社中で最もはじく。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:1.14N/10mm
サイズ:幅 12, 15, 18, 20, 24, 30, 40, 50mm(18m巻)

─ その他の製品 ─


数値的に弱粘着とまでは言い難いかなという手持ちの製品をご紹介します。

最外周は紙質が異なり光沢がありますが、それでも水性ペンはしっかり乗ってくれます。
ホームセンターでたまたま見つけたので衝動買い。
使用感などは後日追記します。

粘着力:1.80N/10mm
基材:和紙
粘着剤:アクリル系
サイズ:幅 12, 15, 18, 20, 24, 30, 40, 50mm(18m巻)

アクリル系粘着剤のマスキングに気づいた初期の頃にたまたま購入したもの。
これくらいの粘着力でもセロテープや養生テープより簡単に剥がせるので、エアパッキンなど梱包材のテープ止めに重宝しています。

粘着剤:アクリル系
基材:和紙
粘着力:3.3N/18mm (1.83N/10mm)
サイズ:幅 12, 15, 18, 20, 24, 30, 40, 50mm(18m巻)

※上記リンク先はPDFファイルです

テープ最外周にはシリコンのような剥離剤が塗布されている感じで指がツルツルし、鉛筆、水性は完全に弾きましたが、一回り引き出してみると水性ペンでもしっかり書けます。

粘着力:2.18N/10mm
基材:和紙
粘着剤:アクリル系
サイズ:幅 12, 15, 18, 20, 24, 30, 50mm(18m巻)

もう随分前になるけど画家の河本いづみさんから教えてもらったもの。
マスキングとは違いますが、糊残りが無いという事で教わった気がします。
製図用のテープで肉厚。貼ったり剥がしたりの繰り返しを前提にしたものかと。

粘着剤:特殊ゴム系
基材:上質クレープ紙 粘着力:2.8N/10mm
サイズ:幅 12, 18, 24mm (30m巻)

多少お高い個別包装タイプのマスキング。
紙質はマットで反射が無く「紙」といった感じ。
にもかかわらず鉛筆は薄め、水性ペンも少しはじく。
50mm, 100mm幅のものは「mt CASA」シリーズに属するが、以前からある15mm幅の「mt マットホワイト」とおそらく同じもの。

粘着力:不明
基材:和紙
粘着剤:アクリル系
サイズ:50, 100mm (10m巻)

鳥越一穂 Best Trompe-L’oeil 受賞記念展

ARCでのベストトロンプルイユ賞については前回ご案内した通りですが、受賞記念の展覧会を自分で企画してしまいました。ギャラリーを持つ画材店専属画家の強み。

以下宣伝文言となります。

国際公募展「ARC Salon International Competition」にて自身2度目となるベストトロンプルイユ賞を獲得した作品をメインに、8点のトロンプ・ルイユ(だまし絵)を展示致します。
ヨーロッパ近代美術館(MEAM)およびNYサザビーズでの展示を控え、出国直前のお披露目展示です。ぜひご高覧下さいませ。

受賞記念展と同時にもり画廊セールも開催。
所蔵のリトグラフ、シルクスクリーン、油彩画など最大45%OFFにて販売致します。
※鳥越一穂作品は除きます

 

8/17(土) 14:00~ 会場にて「Trompe-L’oeilと銅板油彩画」と題し、公開講義を兼ねたギャラリートークを行います。

会期:2019年8月10(土)~18(日)
時間:10:00~19:00
水曜日は定休日となります。

 

Web 大牟田美術工房・もり画廊

Facebook 大牟田美術工房

鳥越一穂油彩画展

地元福岡県の大牟田市にて、九州初となる個展を開催致します。

場所は先般からお伝えしております、私のアトリエを置きました地元の画材店「大牟田美術工房」の2Fギャラリー「もり画廊」です。

現在の場所に移転する以前も大牟田美術工房には画廊が併設されており、地元では画材店の方も「もり画廊」の名で通っていました。
移転後は立派なコンクリート造の建物になりましたが、時期を同じくして店主が亡くなり、2Fの空間はギャラリーとして機能することはほとんどなく、長らく趣味のコレクション展示スペース兼物置きと化していたのです。
ギャラリー運用は「もうやらない」と夫人も以前から仰っておられたので私もこの場所での展示は諦めていたのですが、私もお店に出入りする事となり、体制新たにギャラリーも生かしてゆこうとの機運も高まった事で「もり画廊」復活第一弾として、鳥越一穂の個展開催のはこびとなったのであります。

もり画廊パノラマ

 

会期は一ヶ月間と、百貨店やそこらの画廊ではありえない長期設定。
ここは専属画家の強み!でありまして、今後も定期的に長期の展示を行っていく予定です。
鳥越一穂の常設画廊として人が来てくれるほど名が売れればよいですけどね。

個展2019ハガキ表個展2019ハガキ裏

 

鳥越一穂油彩画展
会期:2019年5月25日(土)~6月25日(火)
時間:10:00~18:00
休廊:水・日
会場:もり画廊 〒836-0863 福岡県大牟田市一浦町7−17 大牟田美術工房2F
問合せ:0944-52-2508

期間中も1Fの公開アトリエは稼働しますので、基本的に毎日お昼過ぎには作家在廊。

 

初日5月25日の14:00から、「写実絵画を語る」と題し、毎度の公開講義を兼ねたギャラリートークを行います。
ツイッターのネタにしようとした話とか、だれかのつぶやきから思いついた事とか、そんなのもおりまぜてお話しようと思います。
ただ、色々忘れてしまったネタも多いのでこれから頑張って思い出して喋れるように準備します。

 

 

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss