横浜本牧絵画館「銅板油彩画の制作」

来る2月8日(土)より、横浜本牧絵画館にて展示を行います。

同館による「作家・研究者支援プログラム」の公募に選出されまして、昨年より準備して来た企画展示です。

当方が制作した銅板油彩画22点(+比較展示用のキャンバス作品1点)と解説パネル、触れる銅板サンプル、下準備から制作までをまとめた動画などを織り交ぜ、文献などでよく見る手法とその検証結果、独自に到達した手法、起こりうるトラブルなどについて、あまり専門的になりすぎないように配慮しつつ、銅板油彩画というものについて触れて頂ける内容となっています。

スタック法鉛白顔料と自製の天然ウルトラマリンもオマケで展示。

またアトリエ・ラポルトよりアンティークの銅板油彩画を資料提供頂いており、ハンマー打痕の残るホンモノの銅板油彩画を見ることができます。
こちらの記事で紹介したものです)

続きを読む →

マスキングテープ

画材店のほか、ホームセンターでも手に入る白くて安いマスキングテープは経年によって、また貼ってしばらく放置してるうちにベトベトになってしまい、これには私も悩まされました。

マスキングテープの粘着剤にはゴム系アクリル系がありまして、ゴム系のものは長期保存や高温・紫外線に弱く、のり成分が対象物に残ってしまったりもするようでこれがベトベトになるマスキングテープ。
対して「糊残りの少ない」を謳う製品はアクリル系が多く、建築向けや車両塗装向けの製品によく見られ、水色、紫、緑など色が付いたものばかりです。
その事に気づいてからは「とりあえず色ついたの買っとけ。」といった感じでおりましたが、色紙でもゴム系粘着剤のものも存在するので、ちゃんと調べてから買いましょう。

ちなみに業務用マスキングテープは複数巻が筒状に包装されたセット販売が主で、テープ幅に応じて入数が異なります。※数年前まで紙包装でしたが、最近は透明のポリプロピレンやポリエチレン包装になっています。
だいたい同じ背丈になる個数で包装されてますので、12mm幅のものは10巻セット、50mm幅のものは2巻セットといった感じで、幅の狭いものは個人で買うには多すぎる傾向にあります。
ただアクリル系のマスキングテープは数年間保管しておく程度ではゴム系のようにグニャグニャにはなりませんので、地道に消費するなりお友達とシェアするなりしてください。

▼左:6年前購入のNitto No.720A(アクリル系) 右:2年前購入のニチバン No.251(ゴム系)

 

というわけで、各メーカーの特長をまとめたのち、「糊残りやべとつきが無い」マスキングテープを粘着力の弱い順にランキングして参ります。
貼り剥がしを繰り返す梱包、対象物を痛めたくないテープ止めから油彩画表面や機材のホコリ取りまで、自己責任で活用してください。

なお、新たに調査済み・入手済みのマスキングテープもありますので暇を見て更新して参ります。

続きを読む →

鳥越一穂 Best Trompe-L’oeil 受賞記念展

ARCでのベストトロンプルイユ賞については前回ご案内した通りですが、受賞記念の展覧会を自分で企画してしまいました。ギャラリーを持つ画材店専属画家の強み。

以下宣伝文言となります。

国際公募展「ARC Salon International Competition」にて自身2度目となるベストトロンプルイユ賞を獲得した作品をメインに、8点のトロンプ・ルイユ(だまし絵)を展示致します。
ヨーロッパ近代美術館(MEAM)およびNYサザビーズでの展示を控え、出国直前のお披露目展示です。ぜひご高覧下さいませ。

受賞記念展と同時にもり画廊セールも開催。
所蔵のリトグラフ、シルクスクリーン、油彩画など最大45%OFFにて販売致します。
※鳥越一穂作品は除きます

 

8/17(土) 14:00~ 会場にて「Trompe-L’oeilと銅板油彩画」と題し、公開講義を兼ねたギャラリートークを行います。

会期:2019年8月10(土)~18(日)
時間:10:00~19:00
水曜日は定休日となります。

 

Web 大牟田美術工房・もり画廊

Facebook 大牟田美術工房

鳥越一穂油彩画展

地元福岡県の大牟田市にて、九州初となる個展を開催致します。

場所は先般からお伝えしております、私のアトリエを置きました地元の画材店「大牟田美術工房」の2Fギャラリー「もり画廊」です。

現在の場所に移転する以前も大牟田美術工房には画廊が併設されており、地元では画材店の方も「もり画廊」の名で通っていました。
移転後は立派なコンクリート造の建物になりましたが、時期を同じくして店主が亡くなり、2Fの空間はギャラリーとして機能することはほとんどなく、長らく趣味のコレクション展示スペース兼物置きと化していたのです。
ギャラリー運用は「もうやらない」と夫人も以前から仰っておられたので私もこの場所での展示は諦めていたのですが、私もお店に出入りする事となり、体制新たにギャラリーも生かしてゆこうとの機運も高まった事で「もり画廊」復活第一弾として、鳥越一穂の個展開催のはこびとなったのであります。

もり画廊パノラマ

 

会期は一ヶ月間と、百貨店やそこらの画廊ではありえない長期設定。
ここは専属画家の強み!でありまして、今後も定期的に長期の展示を行っていく予定です。
鳥越一穂の常設画廊として人が来てくれるほど名が売れればよいですけどね。

個展2019ハガキ表個展2019ハガキ裏

 

鳥越一穂油彩画展
会期:2019年5月25日(土)~6月25日(火)
時間:10:00~18:00
休廊:水・日
会場:もり画廊 〒836-0863 福岡県大牟田市一浦町7−17 大牟田美術工房2F
問合せ:0944-52-2508

期間中も1Fの公開アトリエは稼働しますので、基本的に毎日お昼過ぎには作家在廊。

 

初日5月25日の14:00から、「写実絵画を語る」と題し、毎度の公開講義を兼ねたギャラリートークを行います。
ツイッターのネタにしようとした話とか、だれかのつぶやきから思いついた事とか、そんなのもおりまぜてお話しようと思います。
ただ、色々忘れてしまったネタも多いのでこれから頑張って思い出して喋れるように準備します。

 

 

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss