私の個展にはスマホをお持ちになってください。

いよいよ来月11月6日から始まります池袋東武の個展では画像のような企画を準備してます。

QRコードリーダーアプリがインストールされたスマートフォン※で、各作品のキャプションへ個別に貼られたQRコードを読み取ると、Facebookにアップロードした作品画像が表示されます。
同時にどの作品が何回読み取られたのか記録が残る仕組みになっていますから、人気投票みたいな意味合いも含みます。

※最近のAndroidスマホは最初からQRコードリーダー入ってると思います。iPhoneは自分でインストールしないといけないはずです。

本当は「作品はどんどん撮影ください ただし個人使用目的は不可。シェアリング目的に限る」としたかったのですが、美術画廊内での撮影を積極的に促すというのはNGとの事で。
まあたしかにスマホの安っぽい「カシャーっ」て音が画廊に鳴り響くのは品位に欠けまくりますからね。あれどうにかしてもらえませんかね。
その点、ほとんどのQRコードリーダーはスキャン時に音が鳴らないか、鳴ってもごく小さい音で済みます。

ところでなぜ「個人使用目的不可」としたいのか。普通逆じゃないの?という疑問にお応えしますと…
作品の画像なんてのは今や理解のある美術館のHPやグーグルアートプロジェクトで超高精細なものが自由に見られます。
私の場合もそこらのスマホやコンパクトカメラで撮影するものよりもいい画像をいくらでもさしあげますから、個人使用ならそっちを見てくださいと。

逆に「こういう展示に来てます」という事をその人のお友達に「発信」できるのは、その人にしかできません。
だからお客さんにやって頂くべき事は自由に撮影してシェアしてもらう事であって、その方が来るか来ないかわからない人に何千枚もDMをばらまくよりもはるかに有効票率が高いかも知れないし費用もかからない。そのための環境ならコチラ側で準備すべきだし積極的にやって頂いた方がいい。

こういう考え方をすると「写真撮影は個人使用に限ります」とする事の方が逆に意味不明です。
作品を撮影されると価値が下がると本気で考えてる人が未だにいるんでしょうか。
かつては「写真に写ると魂抜かれる」と言ってた人もいたみたいですが。

とにかく今回は会場での自由な撮影ははばかられますので、QRコードを読み取って、私が用意した画像のページをシェアして頂きたいのです。ダウンロードした画像は自由にお使い頂いて結構です。

仕組みは単純でして、冒頭にも述べた通り単にFacebookアルバムにアップロードした画像へリンクしてるだけなんです。
本当はスマホかざしたら勝手にダウンロードが始まって、その後「いいね」やシェアボタンが出るような仕組みができればいいのですが私のスキルではムリで、ダウンロードもシェアも手動です。。。(^_^;)

ちなみに冒頭画像中のQRコードはFacebookのイベントページです。
スマホお持ちの方は試しに読み取ってみてください。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

Twitter で

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >古吉さん
    全く私が勝手にやる事ですが百貨店側にはちゃんと検討頂いて了解を得ました。
    そもそも百貨店画廊に来られるお客さんはこういった事に明るくないかも知れませんので場違いな企画かも知れないのですが、考え方は間違ってないと思い込んでますし、思いついちゃったからやらなきゃ仕方ありませんね(笑)

コメントを残す

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss